イビサクリームの口コミと評判を知ってる?| あそこの秘密

イビサクリーム口コミ

 

イビサクリームの口コミと評判

 

 

友達とお風呂に行って、自分のデリケートゾーンが黒ずんでいることがわかりました。前から少し気になってはいたのですが、誰かに見せる機会もないしと思っていたんです。
だけど、お風呂に行ったとき、みんながわたしの黒ずみを見ている気がして、仕方がありませんでした。
わたしが黒ずみに悩んでいることを知った友達に教えてもらったのが、イビサクリームでした。使用箇所がデリケートゾーンなので、海外製のものは使いたくないと思っていたのですが、国内工場で作られているのも安心できます。
使用感も良く、朝晩に塗るだけなので簡単でした。3ヶ月くらいで効果が分かるので、使い続けて黒ずみを完全に綺麗にしたいです。


 

 

下着の締め付けからか、足の付け根あたりがすごく黒ずんでいました。
水着を着るときも、いつもショートパンツのようなタイプのものを着ていました。
わたしはこのままずっと、黒ずみを隠す生活なのかなと思っていたのですが、イビサクリームを知って藁にもすがる気持ちで始めてみたんです。
最初の1ヶ月はほとんど効果がわからなかったのですが、2ヶ月3ヶ月経つにつれてあんなに悩んでいた黒ずみが消えてきたんです。
これには回りの友達もビックリしていました。
ベタつかないから、すぐに下着をつけても不快ではありません。イビサクリームに出会えて良かったです。


 

 

デリケートゾーンの黒ずみを以前から解消したいと思っていたところ、このイビサクリームにみつけました。
有名な脱毛サロンが開発に協力しているということもあり信頼できるかなと思い数ヶ月使用を続けてみました。
購入して数日から数週間の間は使用しても目に見えて効果があったとあまり実感できませんでした。
しかし、使い続けて1ヶ月くらいした頃にだんだんと黒ずみが気にならなくなってきました。
今では彼氏にも見せてやりたいと思えるくらいにデリケートゾーンが綺麗になりました。
すぐに効果を期待せずに使い続けることがいいと思います。


女性にとってとても大切な胸ですが、最近下着のワイヤーのあたる部分の黒ずみがとても気になります。
長年の肌と下着の摩擦によって特に脇下に黒ずみが多い様な気がします。
元々お肌が弱く色素沈着しやすいのですが、黒ずみが気になり一時期はタオルで擦れば消えるのではないかと思っていました。
全くの逆効果で更に悪化させる原因になった様です。
これ以上黒ずみが酷くならないようにするには、どうしたら良いのかと悩んでいる時期もありました。
先ずは汗などをかいて痒くなったとしても、下着をずらしたり擦ったりするのはやめました。
次に蒸れの原因になります化学繊維の下着をやめ、お肌に優しい天然素材の下着を選ぶようになりました。
下着の選び方をデザイン重視から素材重視に変えただけで大分軽減されたように思います。あとは胸のマッサージをするときはそれ専用のクリームを使うようになり、直接触らないようにし摩擦を減らすようにしました。
寝る際は賛否両論ありますが、少しでも負担をかけないように下着を外して寝るようにしています。
胸の形が悪くなるとの意見もありますが、お肌への負担は少なくなったように思います。
あとは黒ずみが気になるからといって、触りすぎないように心がけています。
入浴の際には化学繊維のタオルは使わず、優しいガーゼタイプの物で優しく洗います。
できる範囲になりますが少しでも気をつけ出してからは、黒ずみが悪化するようなことはなくなりました。

 

ワキの黒ずみが気になり色々なクリームを試してはみたのですが、ほとんど効果がありませんでした。
黒ずみの原因はほぼ毎日のカミソリ処理や、毛抜きを使って1本ずつ抜いていた様に思います。
ただでさえお肌が弱いのに毎日刃物でお肌を削っていましたので、炎症も起こしていましたし黒ずみの原因になったように思います。
カミソリによる肌荒れにも悩んでいましたので、思い切ってサロンで脱毛することにしました。
光の照射自体が黒ずみの原因にならないかとても不安でしたが、数年たった今でも産毛は生えてきますが黒ずみは少ないように思います。
毛抜きでの処理も毛穴に凄く負担をかけてしまうようなのですが、たまにシェーバーをあてるくらいなので毛穴の黒ずみも目立たなくなりました。
前までは夏になりましてもあまり脇下が空いてしまう洋服に抵抗がありましたが、今ではノースリーブも平気に着ることができます。脇はあまり乾燥をする部位ではありませんが、寒い季節にはお風呂上がりに化粧水を軽くあててパックのようにしています。
しっとりする化粧水よりもサラッとしたボディ用のものが私の身体には合いました。
あとは脇から腕にかけては胴体との摩擦もあります。
これは自己流になりますが筋肉トレーニングをして鍛えたら、皮膚も強くなり多少摩擦があってもダメージが少ないのではないかと思い実行しています。
あとは着る洋服の素材も大切なのではないかと思い始めました。あまりにも脇に密着する物はやはり摩擦がありますし、避けるようにしています。

 

まぶたはメイクをする際にその人の印象をガラリと変えてしまうパーツですので、とてもお肌に負担がかかってしまうパーツになります。
先ずはつけまつ毛ですが、寝る前まで外さない時もありますしノリの負担もかなりのものです。
つけまつ毛を外す際も思いっきり引っ張ってしまい、やはり負担がかかってしまいます。
つけまつ毛を付けて目を大きくぱっちりみせたいとこですが、黒ずみを避けるためにやめました。
次にアイメイクですがカラフルな物が沢山ありますし、汗などで流れ落ちるのを防ぐため落ちにくいものもあります。
メイクを落とさないのは1番の黒ずみに繋がりやすいので、必ず落としてから寝るようにしています。
アイメイクを落とす際にも専用のリムーバーを使うようにし、決してゴシゴシこすらないようにします。色味の強いアイシャドーも流行はありますが、使うことはなくなりました。
負担がかかりますし乾燥もしやすいので、しっかりと保湿をしクリームを優しく塗るようにしています。
メイクに気を使うようになりまぶたに負担がかかるようなことをしなくなると、黒ずみは悪化することはなくなり少し明るくなったように思います。
洗顔をする際も決して直に洗顔クリームを塗ることはなくなり、タップリ泡をたてて優しく包みしっかりと洗い流すようにしています。
黒ずみを失くすことは難しいですが、これ以上悪化させないことは可能です。
まぶたの黒ずみは年齢も感じさせますので、気をつけたいと思います。

 

 

イビサクリーム口コミ