デリーケートゾーンのくろずみの原因と予防法を知ってる?

デリーケートゾーンのくろずみの原因を知ってる?

デリーケートゾーンのくろずみ
デリケートゾーンとは、アソコ周辺のことを意味し、Vライン、Iライン、Oラインのことです。

 

欧米諸国では昔から女性のエチケットとしてアンダーヘアの脱毛は当たり前でしたが、日本ではあまり拡散していませんでした。

 

けれど、近頃ではアンダーウエアやスイムスーツから収まり切らないアンダーヘアがセンスがないという訳合いや、チン毛を脱毛すると、メンス中の不愉快でムシムシした感じや匂いが低減されるということで、VIO脱毛をする女性が急上昇しています。

 

デリケートゾーンは肌が余所の箇所より薄っぺらいもろいパーツです。

 

その部位を剃刀で反復して剃ったり、光脱毛などでたびたび刺戟を及ぼしたりすると、刺戟に対してメラニンを生じることで肌を保持しようとするために、黒ずみが惹起します。

 

その他、ナプキンやおりものシート、トイレットペーパーの活用やくら擦れなど日常生活のひとコマの中に黒ずみの誘因が雲隠れしているのです。

 

フリクションのみではなくて、重圧を受けているから黒ずみができやすいのです。あそこ黒ずみデリケートゾーンというのは、常にアンダーウェアや衣服により重圧を受けています。

 

腰かけるとがたびたびある場合は、さらにプレッシャーを受けやすいため、皮膜が保身するために角質層を拡大し、結果的に黒ずみが生じるのです。

 

格段黒ずみが目立つ部位は、ビキニラインや足の付け根とデリケートゾーンです。

 

ビキニラインや足の付け根の部位は、運動やウオーキングによってもフリクションを惹起するため黒ずみが酷くなります。
また、デリケートゾーンは、セックスによってあそこの毛や皮膜でフリクションを惹起してしまうので、黒ずみの誘因となりやすい部位です。

 

デリーケートゾーンのくろずみの予防法を知ってる?

デリケートゾーンの黒ずみがみっともなくて嫌!

 

「遊び人だと勘違いされるから彼氏に見られたくない」
「短パンやスイムスーツを着用すると周囲の世間の目が気がかり」
「ドクターやナースに見られるのが怖くて、産婦人科学の診断や子宮頸部癌などの健診に通えない」

 

女性同士でも話し合いが難航し長引いてしまう、デリケートゾーンの黒ずみ問題。格段、ビキニラインの黒ずみは、伴侶の男性に対して不潔でパッシブなインプレッションを及ぼしてしまうのでは?と悶えている人もたくさんいるのでではないでしょうか。ここでは気がかりなデリケートゾーンの黒ずみの誘因について下記にまとめてみました。

 

デリケートゾーンが黒ずみ予防

 

人の肌はフリクションなどの刺戟を与えられると防衛本能でメラニンを増加したり、角質を分厚くして肌を保守しようとします。
反復してフリクションを及ぼされると、肌の深い場所にシミができ色素沈着する『摩擦黒皮症』と言われる黒ずみが惹起します。
助色団が染み付くとなかなか改良しづらくなります。

 

ボディーを洗浄したり、アンダーウエアや洋服を着用したり。日々の暮らしを過ごして行く上で、肌はいつの間にかフリクションを与えられています。
VラインやIラインと言われているバギナの周囲は当たり前ですが、太腿のインサイド、ワキ、肘、膝、臀部もフリクションを及ぼされている状況であることが多い部位です。

 

湿潤なエリヤのVライン・Iライン付近の肌は非常にセンシブルです。インポッシブルに取り計らったり、ナプキンなどの刺激から掻痒・面皰・オトナにきびなどができ、腫れを惹起しやすいです。

 

また、テンションを感じたりホルモンの均衡が崩れると、皮膜の表皮組織の新陳代謝がうまく機能せずにニキビの瘡痕やシミが消滅せずに黒ずみ、改良しづらい状況となります。