黒ずみ解消のあかさたな

妊娠に伴う乳首黒ずみの原因

黒ずみ

 

妊娠、出産をした女性はホルモンバランスが大きく変化します。その為女性ホルモンの変化が要因となり、乳首はしだいに黒ずみが増してしまうのです。
妊娠した女性の場合、人によって差はありますが、だいたい妊娠4週目あたりから乳房のハリや乳首が敏感となり、徐々に乳頭や乳輪が黒ずみを増して茶色のような色に変化していきます。この原因となるのは、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが、妊娠することで急激に分泌が増加していくことが挙げられます。

 

この2つのホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激するので、分泌が増加していくと肌にあるメラニン色素がどんどん増え、色素沈着が起こりやすくなっていくからです。

 

日焼けをして肌が黒くなる要因や、シミが出来てしまう要因にもなっているのと同じように、メラニンが乳首の色を黒くしてしまいます。

 

一方で、メラニン色素は肌を保護するといった役割も果たすので、産まれてくる赤ちゃんの為に授乳しやすくなるよう備える準備として乳首が黒ずみを帯びるとも考えられております。赤ちゃんが乳首を見つけやすいようにするため、色素が沈着するという説も考えられます。
また、妊娠に伴い胸は膨らみを帯びてきます。

 

妊娠後に身体に合わないブラジャーを付けていると、必要以上に乳首に刺激を与えてしまうことになり、乳首は擦れて摩擦されてしまうので黒ずみを帯びてしまう要因の1つになります。

 

 

黒ずみ乳首の原因

普段人に見せるものでもなく比べることもあまりできないけれど
気になってしまう乳首の黒ずみに悩んでいる方は多いことでしょう。
ピンクの乳首なんてほとんどないと言っても良いですが、
そうなりたいと思っておられることでしょう。
今回はきちんと原因を知り対処できるようになれるようまとめていきます。

 

まず標準的な色について知っておきましょう。
日本人でピンクの方はほとんどいません。
黒ずみはメラニンが関係しているため、もともと体内にメラニン色素が
少ない白人はピンクになりやすく、多い黒人は黒くなります。
中間の黄色人種である私たち日本人は茶色であることが一般的です。

 

次に黒ずみができる原因です。
メラニンが関係していると前述しましたが、普段の生活で乳首が紫外線に当たることは
ほぼないでしょう。
それなのになぜか黒くなるのは別の要因があります。
大きい原因は2つです。
ホルモンバランスの乱れと摩擦によるものです。

 

前者は妊娠、出産の際に現れることが多いです。
女性ホルモンがメラノサイトを刺激し、メラニンを多く生産してしまいます。
しかしこれは防ぎようがありません。
ありがたいことに妊娠出産が終わるとホルモンバランスがもとに戻り
徐々に治っていくことが多いです。

 

後者は予防することが可能です。
自分のサイズに合った下着を身に着けることが先決です。
小さすぎると押し付けられてしまいますし、
大きすぎるとカップの中でゆれてこすれてしまいます。

 

このように予防するのとは下着で調整するしかありません。
まずは下着を見直し、次に美白クリームなどを使用するようにしましょう。